コラム
国際化学オリンピックとは
 国際化学オリンピックは1968年に東欧3ヵ開会式の様子(第36回大会より)国(ハンガリー、旧チェコスロバキア、ポーランド)が始めた高校生の学力試験から発展した、1年に1度開催される「化学」の国際大会です。日本で有名な「数学オリンピック」も同じ3ヵ国から始まりました。 1984年にアメリカ合衆国が参加して以来急激に参加国が増え、今では例年約60ヶ国から200人を超える高校生が参加しています。
 大会は、通常、毎年7月に約10日間開かれ、 それぞれ5時間に及ぶ実験問題(Experimental Examination) と筆記問題(Theoretical Examination)が出題され個人戦として競われます。成績優秀者には金メダル(参加者の1割)、銀メダル(同2割)、銅メダル(同3割)がそれぞれ贈られます。
 また、大会期間中は試験だけでなくExcursionと呼ばれるプログラムが用意されており、その内容はスポーツやゲームから開催国独自の文化を体験するものまで多岐に渡っている。これらのExcursionを通じて他国の参加者との交流を深めることになります。
 なお、日本は2003年に初参加、以来毎年4名の代表生徒が参加し好成績を収めています。(日本代表の成績はこちら

▲ TOP
参加するには
 国際化学オリンピックに派遣される各国の代表生徒(4名以内)は、それぞれの国で開かれる何段階かの選考会の成績優秀者から選ばれています。
 日本では、オリンピックの前年度に開催される「全国高校化学グランプリ」に参加して、1、2年生の中で上位の成績を挙げれば代表候補になることができます。(注)
 2005年からは、毎年春に実施される代表候補者の合宿で最終選考会を行って、その年の夏に開催される国際化学オリンピックの代表生徒を決定しています。国内大会の様子(2004年度二次選考より)
 春の合宿までの間、代表候補は、配布される参考書、過去の大会の問題および開催国からその年の1月頃発表される準備問題集を使って、個々にトレーニングに取り組みます。代表に決定した後には実験問題の訓練合宿を行うなど、大会に備えてさらに実際の試験を想定したレベルアップを目指します。
 なお、代表候補者決定から国際化学オリンピックまでの期間を通して、代表候補および代表生徒は、日本化学会の最寄りの支部の学習支援者による学習支援を受けることが出来ます。

(注)
 このほかに、「国際化学オリンピック大会に参加した者」または「日本化学会の各支部化学教育協議会から推薦された者」で、化学グランプリ・オリンピック委員会により認定される代表候補もいます。

▲ TOP
開催国
2000年以降の国際化学オリンピックの開催国一覧です。
以前の開催地については過去の開催地一覧をご覧下さい。
開催年月日 回数 開催都市/主催国 参加国・地域数 参加生徒数
2016.07.23-08.01 48th IChO トビリシ ジョージア 67 264
2015.07.20-29 47th IChO バクー アゼルバイジャン 75 292
2014.07.20-29 46th IChO ハノイ ベトナム 75 291
2013.07.15-24 45th IChO モスクワ ロシア 73 291
2012.07.21-30 44th IChO ワシントンD.C. アメリカ 72 283
2011.07.09-18 43rd IChO アンカラ トルコ 70 273
2010.07.19-28 42nd IChO 東京 日本 68 267
2009.07.18-27 41st IChO ケンブリッジ UK 64 250
2008.07.12-21 40th IChO ブタペスト ハンガリー 66 257
2007.07.15-24 39th IChO モスクワ ロシア連邦 66 256
2006.07.02-11 38th IChO 慶山 韓国 67 254
2005.07.16-25 37th IChO 台北 台湾 59 225
2004.07.18-27 36th IChO キール ドイツ 61 234
2003.07.05-14 35th IChO アテネ ギリシャ 59 232
2002.07.05-14 34th IChO フローニンゲン オランダ 57 225
2001.07.06-15 33rd IChO ムンバイ インド 54 204
2000 32nd IChO コペンハーゲン デンマーク 53

▲ TOP
規約
国際化学オリンピックの大会運営全般に関する規約です。

国際化学オリンピック大会(IChO)規則
(2008年7月18日改定版)
HTML版 PDF

付録A 
 (A1 生徒をまもるための安全指導)
 (A2 主催国向けの安全指針)
付録B

 (B1 危険警告記号とその説明−学校で使う試薬に適用)
 (B2 R分類とS勧告)
 (B3  危険性の表示)
付録C
 (C1 参加生徒の全員が既習と考えてよい事項)
 (C2 準備問題に組み込めば本試験に使える概念と実験スキルの例)
付録D
参加生徒の全員が既習と考えてよい化学知識

※参考資料 過去の大会規則(2005年11月18日訂補版)

▲ TOP