国際化学オリンピック
HOME国際化学オリンピックとはどんな問題が出るの日本代表の成績は?コラムお問合せリンク
更新履歴・ニュース

▲ TOP
 
第46回大会(ベトナム大会)
開催地 ベトナム.(ハノイ)
開催日程 2014年07月21日(月)〜30日(水)
主催国サイト http://icho2014.hus.edu.vn/
日本代表 4名
(学年は2014年7月現在)
林 杏果 (ハヤシ キョウカ) 豊島岡女子学園高等学校 3年 銅メダル
福永 隼也 (フクナガ トシヤ) 白陵高等学校 3年 金メダル
正田 浩一朗 (マサダ コウイチロウ) 白陵高等学校 3年 銀メダル
森田 峻平 (モリタ シュンペイ) 筑波大学附属駒場高等学校 3年 銀メダル
最終代表候補14名
(学年は2014年1月当時)
伊藤 駿 (イトウ シュン) 開成高等学校 2年
塩見 亮介 (シオミ リョウスケ) 慶應義塾高等学校 2年
杉浦 康仁 (スギウラ ヤスヒト) 開成高等学校 2年
中塚 悠 (ナカツカ ユウ) 武蔵高等学校 1年
野村 建斗 (ノムラ ケント) 筑波大学附属駒場高等学校 2年
林 杏果 (ハヤシ キョウカ) 豊島岡女子学園高等学校 2年
福永 隼也 (フクナガ トシヤ) 白陵高等学校 2年
藤田 政徳 (フジタ マサノリ) 久留米大学附設高等学校 2年
正田 浩一朗 (マサダ コウイチロウ) 白陵高等学校 2年
松本 陽行 (マツモト ハルキ) 大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎 1年
森下 茉彩 (モリシタ マヤ) 南山高等学校 2年
森田 峻平 (モリタ シュンペイ) 筑波大学附属駒場高等学校 2年
山田 巌 (ヤマダ イワオ) 筑波大学附属駒場高等学校 1年
山本 亮 (ヤマモト リョウ) 筑波大学附属駒場高等学校 2年
代表候補22名
(学年は2013年9月当時)
青村 幸典 (アオムラ コウスケ) 岩手県立盛岡第一高等学校 2年
秋山 久徳 (アキヤマ ヒサノリ) 大阪星光学院高等学校 2年
伊藤 駿 (イトウ シュン) 開成高等学校 2年
柏 勇希 (カシワ ユウキ) 灘高等学校 1年
隈部 壮 (クマベ ソウ) 筑波大学附属駒場高等学校 2年
藏田 展洋 (クラタ ノブヒロ) 広島学院高等学校 2年
坂西 空 (サカニシ ソラ) 東京都立西高等学校 2年
塩見 亮介 (シオミ リョウスケ) 慶應義塾高等学校 2年
下村 孔輝 (シモムラ コウキ) 灘高等学校 2年
杉浦 康仁 (スギウラ ヤスヒト) 開成高等学校 2年
中塚 悠 (ナカツカ ユウ) 武蔵高等学校 1年
西野 竣介 (ニシノ シュンスケ) 灘高等学校 1年
野村 建斗 (ノムラ ケント) 筑波大学附属駒場高等学校 2年
林 杏果 (ハヤシ キョウカ) 豊島岡女子学園高等学校 2年
福永 隼也 (フクナガ トシヤ) 白陵高等学校 2年
藤田 政徳 (フジタ マサノリ) 久留米大学附設高等学校 2年
正田 浩一朗 (マサダ コウイチロウ) 白陵高等学校 2年
松本 陽行 (マツモト ハルキ) 大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎 1年
森下 茉彩 (モリシタ マヤ) 南山高等学校 2年
森田 峻平 (モリタ シュンペイ) 筑波大学附属駒場高等学校 2年
山田 巌 (ヤマダ イワオ) 筑波大学附属駒場高等学校 1年
山本 亮 (ヤマモト リョウ) 筑波大学附属駒場高等学校 2年
問題 <準備問題>
準備問題(日本語)
<試験問題>
理論問題(日本語)
 実験問題(日本語)
主催・共催・助成 主催:日本化学会、「夢・化学-21」委員会
共催:科学技術振興機構

 

時期 内容
2013年7月15日(月・祝) 「化学グランプリ2013」一次選考 全国61会場
2013年8月23日・24日(金・土) 「化学グランプリ2013」二次選考 東北大学
2013年9月28日(土) 「化学グランプリ2013」表彰式
第46回国際化学オリンピック代表候補認定式
2013年10月上旬 学習用図書送付
2014年1月6日(月) 第1回選抜試験
2014年2月 準備問題(日本語版)公開
2014年3月17日(月)〜18日(火) 最終選抜合宿(第2回選抜試験) ※代表生徒4名の決定
2014年4月〜6月頃 代表生徒合宿[実験など]
2014年7月20日(日)〜29日(火) 第46回国際化学オリンピック(ベトナム大会)
2014年7月30日(水) 文部科学省・経済産業省 表敬訪問
2014年9月27日(土) 第46回国際化学オリンピック報告会
(化学グランプリ2014表彰式・第47回国際化学オリンピック代表候補認証式と併催)


▲ TOP