〜世界中の高校生が集う"化学の祭典"がいよいよ開幕〜
第40回「国際化学オリンピック」日本代表壮行会

  
7月10日に代表生徒4名の壮行会を行いました。

共同通信社の動画配信
http://www.47news.jp/movie/2008/07/post_607/

左から、福井識人さん、鈴木裕太さん、小澤直也さん、東 星一さん。

日本代表(派遣生徒):
東 星一さん/灘高等学校3年生(兵庫県)
コメント:
 .リンピック出場に対する意気込み・目標
今回、このように国際化学オリンピックに参加できることをとてもうれしく思います。世界はきっとレベルが高いけれど、偏差値55くらいを目標に、全力を尽くしたいと思います。
◆,肝梢討笋友達から何かメッセージはあったか
両親は化学の勉強ばかりで受験は大丈夫かと心配してくれました。ある友達には最低でも金メダルとってこいと言われました。先生は、自分たちは能力が高いから大丈夫だと応援してくれました。

小澤 直也さん/駒場東邦高等学校2年生(東京都)
コメント:
 .リンピック出場に対する意気込み・目標
多くの先生方に支えていただきながら学んできたことを活かして、力を尽くしてきます。試験中は、化学オリンピックOB会の皆さんからの貴重なアドバイスを思い出しながら、冷静に取り組むつもりです。世界の代表達と交流し、オリンピックを存分に楽しんできます。
◆,肝梢討笋友達から何かメッセージはあったか
友人達からは多数の激励メッセージをいただきました。僕が所属する化学部の友人達は、「僕らが精一杯バックアップするから全力を出して頂点を目指して!」などと、応援してくれています。代表選抜合宿で知り合い親しくなった友人からは「気楽に楽しんできて」と、また、他の科学オリンピック日本代表の友人からも「お互い頑張ろうな!」 と、メールをいただきました。


鈴木 裕太さん/宮城県仙台第二高等学校3年生(宮城県)
コメント:
 .リンピック出場に対する意気込み・目標
せめて恥ずかしくない成績が取れれば十分ですが、当日、問題が配られてからはいつもどおり死ぬ気で解きます。
◆,肝梢討笋友達から何かメッセージはあったか
存分に楽しんで元気に帰ってくればそれでよいとのことで、柄にも無くプレッシャーで疲弊していたところ少しは気が楽になったかもしれない。

福井 識人さん/灘高等学校3年生(兵庫県)
コメント:
 .リンピック出場に対する意気込み・目標
悔いの残らないように全力を出し切りたいと思います。目標としては、理想を言えば金、現実的に言うと銅ですね。とりあえず歴代OBの方々に恥じない成績をとりたいです。あと、他国の生徒たちとの交流も楽しみの一つです。
◆,肝梢討笋友達から何かメッセージはあったか
クラブの友人がささやかな壮行会を開いてくれました。代表認定を知らせた人からは驚きの声と共に応援の言葉を頂きました。


第40回国際化学オリンピック(ハンガリー・ブダペスト大会)概要
開催期間:2008年7月12日(土)〜21日(月)

場 所:エトヴェシュ・ロラーンド大学
参加国(人数):約70カ国(約270人)

日本代表スケジュール:
11日(金) 東京発−ブダベスト着
12日(土) 参加登録
13日(日) 開会式
15日(火) 実験問題試験
17日(木) 筆記問題試験
20日(日) 閉会式
21日(月) ブダベスト発―東京着(22日午前)
22日(火) 文部科学省・経済産業省等へ帰国報告
※上記以外の日は、エクスカーション(遠足などのイベント)やハンガリー文化体験などが行われます。

(2008.07.14)